指導者紹介

<プロフィールに戻る>
早河明子(指揮者、ソプラノ歌手)
湘南白百合学園、国立音楽大学声楽科卒業。
大場岑子、岩崎由紀子各氏に師事。
第二回日本演奏家コンクール第一位受賞。

ルーマニア国立歌劇場にて、02年『ノルマ』のタイトルロールを歌ったのをきっかけに、 その後『椿姫』『仮面舞踏会』『トスカ』『イル、トロヴァトーレ』、『道化師』、『蝶々夫人』、『トゥーランドット』、『アイーダ』などの様々なヒロインを、毎年ルーマニアの主要な歌劇場で演じており、レパートリーは20本に達しようとしている。
また近年はブルガリアやウクライナ、キルギスでもコンサートに出演している。自ら立ち上げたオペラピアチェーレの代表としてオペラ歌手を目指す人を対象とした講習会や公演を、日本とルーマニアで企画主宰するなど日本とルーマニアの文化交流に尽力している。

一方、合唱の分野では混声合唱塾レントを発足時から指揮している他、「御所見コーラス」の指揮者として、又「コール香川」や「鳳混声合唱団」のボイストレーナーとしての活動も続けている。現在横浜シティーオペラ 首都オペラ各会員、オペラピアチェーレを主宰。
そのアリア(詠唱)は、豊かな音楽性と華やかさに溢れ聴衆を魅了する。


林 紀子(指揮者、ソプラノ歌手)
湘南白百合学園、国立音楽大学声楽科卒業。
大場岑子、小川雄二、岩崎由紀子の各氏に師事。
第14回新・波の会日本歌曲コンクール入選。

”オペラアリア・重唱の夕べ”、”中田喜直歌曲コンサート” 2007年「木下牧子歌曲コンサート」、2008年「シューベルト歌曲コンサート」など数々のコンサートに出演。2014年「浜野美津子の作曲による日本の叙情歌」CDをリリース。

「藤沢市立看護専門学校」の合唱、鎌倉「Sotto Voce」、藤沢アカデミー「コール五十鈴」、藤沢市老人センター「やすらぎ荘」にて「童謡・唱歌よろこび会」、「御所見コーラス」、混声合唱塾レントを指導している。湘南演奏家協会、平塚音楽家協会、ぐるーぷ・なーべ各会員。藤沢にて「花の木音楽教室」を主宰。
美しい日本語で歌い上げる詩情豊かな日本歌曲は定評がある。


佐藤 やえこ(ピアニスト)
桐朋学園音楽大学付属高校音楽科、同大学ピアノ科卒業。
三浦みどり、井口秋子、照澤惟佐子の各氏に師事。
同大学付属「子供のための音楽教室」元講師。

中田喜直、三善晃、高田三郎、湯山昭など多くの作曲家のレッスンを受け、「杉並混声合唱団」のピアニストとして、広瀬量平作曲「海の詩/海鳥の詩」など多数のレコーディングを残す。国内外でオペラ、歌曲、器楽曲などのアンサンブル活動を行う。また平塚市「めぐみ幼稚園」にて毎月ボランティアコンサートを行っている。

混声合唱塾レントの他、「御所見コーラス」、合唱団「湘南の風」、「ソレイユ」のピアニストを務める。アンサンブル・アスコルタメンバー。平塚音楽家協会会員。
ピアノ一台を自在に操るみごとなオーケストレーションとドラマティックな音楽の作りで好評を博している。

投稿日:2016年4月10日 更新日:

Copyright© 混声合唱塾レント , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.